Blog

女性視点のモノづくりエピソード

TOTOショールーム_浴室展示風景今回は、水回り設備メーカ―勤務時代に経験した、モノづくりエピソードについてご紹介したいと思います。

現在では、これまでに比べると女性が社会で活躍できる環境がかなり整ってきたように感じられますが、それもここ最近のお話ではないかと思います。
それよりも以前、15年近く前のことになります。
女性社員の活躍をあと押しする推進プロジェクトが社内に発足し、少しでも役に立てたらとの思いから、自ら手を挙げて活動に参加したことがありました。

実際の活動では、数人の方とチームを組んで「女性視点のモノづくり」をテーマに、商品開発にチャレンジしました。
チームのメンバーそれぞれが本業との兼ねいの中での活動でしたが、3年ほど続けさせていただきました。
その間、浴室の掃除道具(スポンジや洗剤など)を収納する「お掃除道具収納」という収納棚を商品化し、何とか発売までこぎ着けることができました。
小物アイテムながら、ユニットバスの商品カタログの中に「お掃除道具収納」の商品画像を見つけたときは、実際に現実のものとなったワクワク感と、本当に購入してくださるお客様がいるのかという不安な気持ちが入り混じったのを覚えています。

最終的には、商品企画~開発~発売後の評価・改善策の検討といった、モノづくりにおける一連の工程に携わることができました。本当に貴重な経験をさせていただいたと、今振り返ってもありがたさを感じます。

この経験を通して、一般個人のお客様に試作品のヒアリングをしたり、実際に商品をご購入いただいたお客様のお宅を訪ねて感想を伺ったり、お客様との接点がいっきに広がっていきました。
「生活者の視点」を意識するようになったきっかけです。

「お掃除道具収納」はというと、発売からわずか2年もたたずに廃番!!という残念な結果に終わりましたが、何よりもこの経験が今の私の活動の礎となっています。

モノづくりでは、つくり手側である企業の思いが商品に込められ、デザインや機能、使い勝手に具現化され、生活者のもとに届けられます。
貴重な経験をさせていただいた一人として、これからも生活者とモノづくり企業、双方の「かけ橋」として少しでもお手伝いできたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

寄稿させていただきました

生活者が水まわり設備と上手に付き合えるように

現在会員となっている、とある会員誌に寄稿させていただきました。

1000文字程度で「自分の活動をご紹介する」というテーマでした。

会員誌の主な読者は、住関連のお仕事に従事されている実務者(設計、インテリア関係)の方や、居住空間に関連する法人関係の方ですので、何か少しでも皆様のお仕事のお役に立つ内容をと考え、水回り設備メーカーさんの最近の商品傾向と私自身が生活者と接するなかで感じていることの一端をご紹介させていただくことにしました。

普段から文章を書き慣れていないせいか、1000文字とはいえ原稿用紙との格闘の日々が続きましたが、改めて現在の活動を見つめ直すきっけかにもつながり、おかげさまでとても貴重な経験をさせていただくことができました。

編集関係者の皆様には大変お世話になり、本当にありがとうございました。この場をお借りして御礼を申し上げます。

気になる原稿の内容については、次回以降のブログの中でご紹介しつつ皆様にもシェアしていただきたいと考えていますので、よろしければぜひチェックしてみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ショールームに行って来ました

海外製ベッセルタイプ洗面器・洗面器水栓 先日、新商品のチェックを兼ねて都内にあるセラトレーディングさんのショールームに行って来ました。
(※セラトレーディングさんは、デザインや品質、アフターサービスにこだわりを持ち、ヨーロッパを中心とした海外製の水回り商品を国内に輸入・販売されている企業様です。)
個人的にはベッセルタイプと呼ばれるカウンターの上に直置きするタイプの洗面器(洗面ボウル)に興味があったのですが、洗面用の水栓金具の展示の多さに思わず目を見張ってしまいました。

ベッセルタイプを始めとする洗面器は、単体での使い勝手の良し悪しよりも、組み合わせる水栓金具によって水ハネが生じやすかったり、手が洗面器にぶつかって洗いづらかったり、日常使い続ける上での快適性が左右されてしまいます。
そのため、セラトレーディングさんでは独自の基準をもとにした洗面器と水栓金具との「おすすめセット」というものを設定し、デザイン性と使いやすさにおけるバランスのとれた組み合わせをカタログ上でご紹介しています。

水栓金具は、実際に水を出してみないことにはその吐水感を確認することはできません。さらに、実際に洗面器にセットしてみないことには、水ハネの程度や手洗いのしやすさなどを確認することもできません。
そのような観点から、この「おすすめセット」はかなりの便利ツールだと思います。デザインにこだわりのあるお客様に対して海外製の洗面器と水栓金具をご提案する機会があれば、有意義に活用させていただきたいと思っています。

「おすすめセット」(または「セットシミュレーション」) 、ご興味のある方は、セラトレーディングさんのカタログやホームページをチェックなさってみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;セラトレーディング東京ショールーム)

水回りセミナーと海外水栓にまつわる現場エピソード

インテリアコーディネーターキッチンスペシャリスト向け水回り設備の基礎知識

先日、公益社団法人インテリア産業協会関東甲信越支部様主催のセミナーで講師をさせていただきました。
「水回り設備の基礎知識」ということで、水回り初心者のインテリアコーディネーター、キッチンスペシャリストの方にも身近なテーマとして感じ取っていただけるように、基本的な内容を分かりやすくお伝えさせていただきました。
当日は、遠方からお越しくださった方もいらっしゃるなど、協会事務局様はもちろん、ご参加いただいた皆様にこの場をお借りして心より御礼申し上げます。

セミナー終了後に参加者の方と個別にお話する機会があったのですが、ある方から「お施主様が海外の洗面水栓を希望されるケースがある」とお伺いし、ふと思い出した現場エピソードがありますのでご紹介したいと思います。

水回り設備メーカー勤務時代は、10年以上にわたりユニットバスの設計部門で過ごしました。 ユニットバスの設計?開発のこと???、そう疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、首都圏の大手分譲マンションやホテル、病院といった比較的規模の大きい現場には、物件オリジナルユニットバスなるものが納入されるケースがあります。
そこには設計担当者がつくわけですが、ここでご紹介するのは私が担当したあるマンション現場(総戸数 約700戸)でのエピソードです。

その物件のユニットバスには、当初から事業主様ご指定で海外製のシャワー水栓を取り付けることになっていました。と言っても、材工別途工事(商品の手配~取り付け~保証を海外メーカー様が担当)という役割区分です。
水回り設備メーカーさんによっては役割区分に対する考え方が異なるかもしれませんが、多くのメーカーさんは「自社で取り扱っていない商品については、何か不具合があった時の責任は負いかねます」というスタンスではないかと思います。

案の定、現場の竣工前に実施した設備の水圧テストで、シャワー水栓の取り付け部分から漏水しました。
日本でも有名な水栓メーカー製ということもあり、すぐに代理店さんが駆けつけ対応されたため、購入されたお客様にご迷惑がかかることはありませんでした。

新しい水回り設備にオシャレな海外品を切望されるのは、マンション事業主様に限ったことではありません。現に、個人のお客様の中にも時々いらっしゃいます。
ただ、個人のお客様は、商品のよさや値段は理解していてもその背後にあるリスクについて深くは知りません。
だからこそ、海外品をご検討される個人のお客様には、その性能が発揮できる現場環境かどうかはもちろん、品質の確認や、パッキンなどの消耗部品や補修部品の在庫対応、アフターサービスに対する代理店様の姿勢など、リスクを含めて商品を吟味していただくことの大切さをお伝えする必要があると思います。

生活者に本当の意味での満足度の高い暮らしや住まいを手に入れてもらうために、今回ご紹介させていただいた内容が少しでもご参考になれば幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

最近のキッチンについて

TOTOショールーム

最近のシステムキッチンはとてもオシャレで、水仕舞いの良いものが大半です。
レイアウトや演出の仕方次第で、目を見張るほど洗練されたキッチンになります。

先日ご説明に伺ったお宅のキッチンが、まさにそうでした。
最近増えているオープンキッチンだったのですが、リビングに通されるなり
「えっこれがシステムキッチン?」と一瞬自分の目を疑ってしまうくらい素敵なキッチンがそこに置かれていました。
キッチン単体で見ると、メーカーさんのショールームで見かけるような白いカウンターにターコイズ色の扉・幕板カラーだったのですが、床がダーク系のフローリング、シンクからカウンターにかけて小さなペンダントライトが3つというコーディネート、実物を写真でご紹介できないのが本当に残念です。
凛とした佇まいが何とも日本らしさを醸し出し、とても印象に残りました。

「システムキッチン」というと、どうしても工業製品のような画一的なイメージが頭に浮かびがちですが、それをどう演出するかでいくらでも印象を変えることが出来ると感じました。
システムキッチンをインテリアとして位置付けることによって、その可能性がさらに広がることを目の当たりにした貴重な経験となりました。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

セミナー講師をさせていただきました。

生活者視点のキッチントーク術

TOTO横浜支社さん主催のセミナーで、「生活者視点のキッチントーク術」についてお伝えさせていただきました。

今回のセミナーには、TOTOさんのお客様である住関連企業様がご参加されるということで、日頃から生活者の方と接していらっしゃる皆様だけに、準備の段階からかなり緊張しました。

当日は、全員女性!という華やかな雰囲気のなか場も和み、ショールームに展示されているキッチンを使わせていただきながら身振り手振りを交えたキッチントークを実演しました。

皆様があまりにも熱心に聞いてくださるので、思わずトークにも熱がこもってしまったほどです。

このような機会を与えていただき、本当にありがとうございました。

「生活者視点のトーク術」は、住関連企業様の水回り設備営業ツールとしてはもちろん、お客様とのコミュニケーションの際などにもお役立ていただけるのではないかと思います。

これからも、「生活者視点のトーク術」お伝えできたら幸いです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

生活者が水回り設備と上手に付き合えるように

TOTOショールーム_トイレ

最新のトイレは、 メーカー各社さんのオリジナル清潔機能をはじめ、快適機能や
お手入れ機能が充実しています。以前のものに比べると、ますます高機能化が進んでいることが分かります。
節水トイレはもはや当たり前の時代になりました。
加えて、便ふたの自動開閉機能や、便器の自動洗浄機能も当たり前になりつつあります。さらに、それらの機能が動作を開始するまでの時間さえ、使う側の好みで選択できるようになっています。
このあたりに「日本人ならでは」の細やかな心遣いを感じるのですが、実際には生活者に気づいてもらえていないことが多いようです。

以前、説明に伺ったお宅で、「自動で水が流れるのはいいんだけど、タイミングが分からなくて困っている」と相談を受けたことがありました。
時間設定があり、お好みで変えられることをお伝えしたところ、「教えてもらわなかったら知らずに使い続けていた」と、お客様がホッとした表情を浮かべられていたのが印象的でした。
改めて、「伝える」ということの大切さに気づかされた瞬間でした。

トイレに限らず、水回り設備と上手に付き合える生活者は、自身の暮らしや住まいに対する満足度も高い傾向があるように思います。生活者に満足度の高い暮らしや住まいを手に入れてもらうために、これからもお手伝いしていきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

ごあいさつ

皆様、はじめまして。
リビングリンク株式会社代表の苅部久子(カリベヒサコ)と申します。

20年ほど水回り設備業界に携わっています。
「生活者が水回り設備と上手に付き合えるように」との想いから、水回り設備購入後の生活者のお宅に伺い、キッチンやバス、トイレや洗面の使い方、お手入れの仕方などをその場でお伝えしています。

ブログでは、最近の水回り設備の紹介はもちろん、日ごろ生活者と接するなかで感じていることなどを織りまぜながら皆様のお役に立てる情報の発信をめざしてまいります。

どうぞよろしくお願い致します。