生活者が水回り設備と上手に付き合えるように

TOTOショールーム_トイレ最新のトイレは、 メーカー各社さんのオリジナル清潔機能をはじめ、快適機能や
お手入れ機能が充実しています。以前のものに比べると、ますます高機能化が進んでいることが分かります。
節水トイレはもはや当たり前の時代になりました。
加えて、便ふたの自動開閉機能や、便器の自動洗浄機能も当たり前になりつつあります。さらに、それらの機能が動作を開始するまでの時間さえ、使う側の好みで選択できるようになっています。
このあたりに「日本人ならでは」の細やかな心遣いを感じるのですが、実際には生活者に気づいてもらえていないことが多いようです。

以前、説明に伺ったお宅で、「自動で水が流れるのはいいんだけど、タイミングが分からなくて困っている」と相談を受けたことがありました。
時間設定があり、お好みで変えられることをお伝えしたところ、「教えてもらわなかったら知らずに使い続けていた」と、お客様がホッとした表情を浮かべられていたのが印象的でした。
改めて、「伝える」ということの大切さに気づかされた瞬間でした。

トイレに限らず、水回り設備と上手に付き合える生活者は、自身の暮らしや住まいに対する満足度も高い傾向があるように思います。生活者に満足度の高い暮らしや住まいを手に入れてもらうために、これからもお手伝いしていきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;TOTO横浜ランドマークショールーム)

投稿者: Living Link

リビングリンクは、企業と生活者との"かけ橋"となり、企業が商品やサービスに込めた思いを生活者へとつなげます。