ショールームに行って来ました

キッチン収納の利便性をプロジェクションマッピングで分かりやすく表現しています。ステンレスキッチンで有名な、クリナップさんの新宿ショールームを訪ねて来ました。

正式名称が「クリナップ・キッチンタウン・東京」というだけあって、キッチンを始めとした商品の展示はもちろん、ショールーム内のオープンスペースにはキッチンスタジオまで併設されていました。キッチンスタジオでは、外部講師の方によるお料理教室も定期的に開催されているそうです。
そして、すぐ近くにはオシャレなキッチン小物も展示・販売されているなど、これまでイメージしていた水回り設備メーカーさんのショールームとはひと味違った印象でした。

クリナップさんは以前からキッチン収納にもこだわりを持たれているイメージがあったのですが、ショールームの中にそれを象徴する展示がありましたので、今回ご紹介させていただきます。

まず驚いたのが、エントランス附近に展示されていた1台のキッチンです。
そこでいきなりプロジェクションマッピングが始まったのです!キッチンとマッピング技術のコラボ演出です。

このプロジェクションマッピングでは、最初に現在使っているであろうキッチン用品の収納の様子が映しだされ、続いてそれらが新しいキッチンの引出しに順々にしまわれていく様子が分かりやすく表現されていました。
間近でプロジェクションマッピングを見たのは初めてということもあり、かなりのインパクトを受けました。

キッチンでは、皆様もご存じの通り、調理や後片付けといった一連の作業が行われます。そのため、収納にも機能性が求められます。
必要なモノを効率よく取り出して、使い終わったら元あった場所にしまう。そしてそれを維持し続ける。収納の原理を踏まえたルールが必要になります。
ここ数年来、水回り設備メーカーさんでは「収納」にさまざまな工夫を凝らし、使いやすさを追求しています。

日頃キッチンのご説明にお伺いするお宅でも、何をどこにしまったらいいか、キッチン収納についてのアドバイスを求められることがあります。
一般個人のお客様が新しいキッチンを購入する際、限られた時間の中で選ばなければないもの、決めなければならないことがたくさんあります。
そのため 多くの方は、商品購入前から今使っているキッチン用品や食器がどのくらいあって、それを新しいキッチンではどこにしまうか、についてまで意識を向けるのは難しいのだろうと思います。
だからこそ、あえてビフォーアフターの映像を使って「収納に対するこだわり」を分かりやすく伝え、お客様に意識を向けてもらう。

このプロジェクションマッピングを通して、 クリナップさんのキッチン収納への強いこだわりを再認識することができました。そして、展示されている商品を見ながら、一つひとつの収納がどのようになっているのか確認する自分がいました。
クリナップさんのショールーム展示や商品動向、今後もさらに注目していきたいと思います。

最後までお読みくださりありがとうございました。

(写真;クリナップ・キッチンタウン・東京)

投稿者: Living Link

リビングリンクは、企業と生活者との"かけ橋"となり、企業が商品やサービスに込めた思いを生活者へとつなげます。